Blog ブログ

【学校】新しい先生の紹介!

香南学園 西田先生

今回は、新学期より来られている3名の新しい先生をご紹介します。
まずは、「人間関係とコミュニケーション」を担当される西田先生です。

香南学園 西田先生

西田先生授業風景

(西田先生コメント)
 より良い人間関係を築くためには「信頼」は欠かせません。介護の現場において相手が視覚や聴覚、言語能力の低下などにより伝達することが難しかったり、認知症のため意思の疎通が図れなかったりするとコミュニケーションが難しくなってきます。言葉が足りなかったり、受け手の解釈が違ったりするとトラブルを招くこともあります。そのようなことがないようにするためにコミュニケーション能力を磨かなくてはなりません。
これから1年間楽しく授業をしながらコミュニケーション技術を学んでもらいたいと思います。よろしくお願いします。

続きまして、「介護過程Ⅰ・Ⅱ」担当される岩崎先生です。

香南学園 岩崎先生

岩崎先生授業風景

香南学園 岩崎先生

(岩崎先生コメント)
4月より、一年生の「介護過程Ⅰ・Ⅱ」の科目を担当することになりました。
「介護過程」の科目は、ほかの科目で学んだ介護福祉の知識や技術を、介護を必要とするご利用者の、希望する生活の実現に向けて、どのようにいかしていくのか考える科目です。
 私も、10年前は介護の専門学校の学生でした。「介護過程」の科目は、私にとって一番難しい科目でしたが、一番好きな科目でもありました。
 授業では、一人ひとり違うご利用者の人生を支える支援ができる、介護福祉士の魅力を伝えていきたいと考えています。
 学生に寄り添いながら、わかりやすい授業を心掛けていきます。
 よろしくお願いいたします。

最後に「医療的ケアⅡ」担当される澁谷先生です。

香南学園 澁谷先生

澁谷先生授業風景

香南学園 澁谷先生

(澁谷先生コメント)
喀痰吸引と経管栄養は医療行為ですが、一定の条件を満たす介護職が実施できます。実施できるようになることで、皆さんの専門性の高さと業務に対する意欲をアピールできると思います。医療的ケアは漢字や専門用語が多く、難しい分野と思いますが習得に向けて一緒に頑張っていきたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。